肩こりの症状2


京王線明大前駅にある明大前はり灸院の院長の榊原です。この状態を放置していると次第に痛みを感じるようになり、重度の肩こりになると緊張性の頭痛や、目の疲れ、腕や手の痛みなどに発展するケースがあります。日本に来る欧米人は、肩こりを知らないと人が多いと聞きます。肩こりがないのは、うらやましいと思いますが、実際には、肩こりがあります。欧米人は、肩こりを知らないだけなのです。肩に触れると鉄板のように固くなっています。この状態が肩こりですと教えてあげると徐々に肩こりを感じられるようになります。日本での滞在日数が多くなると肩こりを日本人と同じように感じられるようになります。不思議なもので肩こりがあっても肩こりの知識がないと肩こりを自覚できないのです。


前の記事

肩こりの症状1

次の記事

肩こりの症状3