自律神経失調症を抑える食事


 おはようございます。世田谷区の京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きがありますが、強いストレスが続くと急激に消費されます。またストレスが加わると副腎皮質ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めます。この合成に欠かせないのがビタミンCですから普段からビタミンCをたっぷり取ることがストレス対策になります。ビタミンAやEも自律神経をコントロールし症状を緩和させる効果があります。またカルシウムはイライラを鎮め不眠解消の効果があります。