女性特有の腰痛


 おはようございます。
京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 妊娠や生理など女性特有の原因で起こる腰痛もあります。生理痛が強いと下腹部痛だけでなく腰痛を伴うことがあります。妊娠中は、大きくなったお腹を支えるために身体の重心が変わり状態を反らせる姿勢になることが多いため腰痛が起こりやすくなります。子宮が大きくなり骨盤の周りの筋肉が引っ張られることも腰痛の原因になることがあります。産後も授乳や夜泣きの対応などの育児、家事に追われると身体的・精神的な負担から腰痛が慢性化することもあります。更年期になると体内のホルモンバランスが変わり腰痛が起こりやすくなることがあります。


前の記事

メンタルヘルスによる腰痛

次の記事

日常生活でできる予防法