群発頭痛の症状


 おはようございます。
京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 群発頭痛は、激しい眼窩部痛で、その間、結膜の充血や、鼻水・鼻づまりを伴い、夜間、睡眠中に頭痛発作が起こりやすく、男性に多いとされています。慢性化すると1年から数年、ほぼ同じ時期に発作が繰り返されるとされています。


前の記事

緊張型頭痛の症状

次の記事

片頭痛の原因