肩こり・肩痛について

 肩こりは、鍼灸治療の中で首・肩・腰・膝痛が痛みに対して代表的な疾患です。その中でも肩の痛みは、特に多いです。肩こり年齢を問わず国民病と言われるほど全世代に幅広く広がっています。

肩こり ・肩痛のきっかけ

 何もしていないにも関わらず肩こりがあるのは肩の筋肉は、重い頭や腕を支えている筋肉なので、知らず知らずのうちに負荷がかかってしまう部位です。事務作業で一日パソコン作業をされている方だけでなく最近パソコンやスマートフォンを長時間使用していると筋肉が緊張し、さらに負担がかかってしまいます。

 重度の肩こりになると慢性的な頭痛になったり、吐き気をもよおすこともあるため、肩こりから別の症状を誘発させてしまうこともありますので慢性化する前に対策しましょう。

肩こり・ 肩痛 の症状

 肩こり ・ 肩痛 とは、首筋や肩、肩甲骨の周辺が重苦しくなった状態のことで、肩に何かのっているように感じたり、霊が肩にのっていると勘違いをされている方もいます。マッサージなどで肩を触られると鉄板が中に入っているような違和感を覚える人が多いようです。 この状態を放置していると次第に痛みを感じるようになり、重度の肩こり ・ 肩痛 になると緊張性の頭痛や、目の疲れ腕や手の痛みなどに発展するケースがあります。

日本に住んでいる欧米人は、肩こり ・ 肩痛 を知らない

 肩こりがないのは、うらやましいと思いますが、実際には、肩こり・ 肩痛 があります。欧米人は、肩こり ・ 肩痛 を知らないだけなのです。肩に触れると鉄板のように固くなっています。この状態が肩こり ・ 肩痛 ですと教えてあげると徐々に肩こり ・ 肩痛 を感じられるようになります。日本での滞在日数が多くなると肩こり・ 肩痛 を日本人と同じように感じられるようになります。不思議なもので肩こり ・ 肩痛 があっても肩こり ・ 肩痛 の知識がないと肩こり ・ 肩痛 を自覚できないのです。肩こり ・ 肩痛 に慣れすぎると、こりを感じなくなってしまう場合もあります。

実際は肩こり・ 肩痛 がなくなっているわけではないので、別の場所に不調があらわれてしまいます

 例えば、寝違いになったり、背中の痛み腰の痛みなど別の場所の痛みを発症することもあります。欧米人のように肩こり ・ 肩痛 を感じないと別の場所に疾患が現れることがあります。痛みを感じるのは、悪いことではないのです。肩こり ・ 肩痛 は、早期に対処する必要があります。

肩こり・肩痛の原因

 肩こり ・ 肩痛 は筋肉の疲労と緊張から起こる場合と女性に多い筋力不足から起こることがあります。そして、それがなぜ起きるかというと、首や腕に負荷をかけた状態での長時間作業や、精神的なストレス内臓の不調など原因はさまざまです。肩の周辺に痛みや違和感を覚えることから「肩こり ・ 肩痛 」といわれていますが、実際は「首の後ろ」や「背中」「内臓の不調」に原因がある場合も多いです。原因が様々であるからこそ、痛みやこりが生じている場所と原因のある場所が異なるケースが少なくありません。

原因を列記すると以下のようなものが考えられます。

  • 疲労
  • 血行不良・冷え
  • 姿勢
  • 精神的ストレス
  • 体型(なで肩)
  • 運動不足
  • 肩にかかる思い荷物
  • 目の疲れ
  • 内臓の不調

基本的に西洋医学では、肩こりの治療は、ありません

 重篤な場合には、西洋医学では痛み止め(鎮痛剤)や筋肉の緊張を和らげる筋弛緩薬を処方したり、痛みがひどい場合はブロック注射を行ったりしますが、これらは対処療法に過ぎません。

東洋医学では

 鍼や灸などを用いて原因となっている場所に直接アプローチし、倦怠感や頭痛などを引き起こしている「こり」を改善します。または、原因となっている場所から離れた手足末端からアプローチをして体の気の流れを調整することで肩こりを改善します。また肩こりは生活習慣によるところが多いので、ライフスタイルや姿勢の改善などを先生と相談し、再発しないように努めましょう。

治療風景

首肩の痛みを我慢しないで当院にご相談してください

 初めまして!明大前はり灸院 院長の榊原です。数ある鍼灸院の中から当院のHPを選んで頂きありがとうございます。私は、鍼灸の国家資格を習得してから鍼灸学校の教員資格を習得しております。難しい東洋医学を分かりやすく患者様の症状ごとに説明しております。当院は、部分的な治療ではなく根本的に改善することを目指しておりますので身体全身の治療をしております。私の治療体験から刺激の強い治療をすると症状が悪化した経験から患者様の身体に負担をかけ過ぎない優しい治療を目指しています。当院に来られる方は、病院での検査で異常が見つからないのに辛い症状を感じている方が多く通っておられます。私は、患者様の治療後の笑顔を見るのを喜びとしております。

経歴

  • 多摩美術大学卒業
  • 工務店に勤務
  • 日本鍼灸理療専門学校 鍼灸科卒業
  • 東京医療専門学校 教員養成科卒業
  • 明大前はり灸院開業

お客様の声

明大前はり灸院の口コミ・感想をもっと見る

お灸(身体を温める)

お灸についてのイメージをお聞きすると皆様あまり良いイメージを持っておりません。真っ先に思い浮かぶのは「お灸を据える」という慣用句です。「悪いことをしたから懲らしめる」と思い浮かべます。皮膚上でのお灸の温度は米粒大の大きさのお灸ですと皮膚温度が80度になります。80度の温度になれば熱くて火傷もします。このことからお灸は、身体的な苦痛を伴う熱さをイメージされます。治療のため熱くて身体に火傷の痕が残るような治療は、当院ではしておりません。心地良い温度で眠ってしまうほどの気持ち良いにもかかわらず辛い症状が解消されるお灸をしております。

 当院のお灸、紫雲膏灸(しうんこうきゅう)です。40度程度の温かいお灸です。紫雲膏を気の流れ道である経絡に適量に載せていきます。その上に1つ1つ丁寧に手で捻った艾をすえていきます。最適な効果を出すためにお身体の状態や症状に合わせて治療をします。東洋医学では、気血の流れが悪くなることで病気になると考えられています。気血は、酸素や栄養を身体の隅々まで運びます。身体の不要な老廃物は、気血を通して体外へ排出されます。冷え、疲れやストレスなど様々な要因で気血が滞ると必要な栄養が運ばれなくなり老廃物が体外へ排出できなくなります。自律神経・ホルモンバランスを整えるに最適な温度である40度程度のお灸は、気血の流れを調整します。

 東洋医学では、未病(みびょう)という考え方があります。未病とは病気なる前の状態です。仕事や家庭のことで忙しく毎日過ごされているとついつい自分の身体を無理して疲労や不調を蓄積してしまいます。このような状態が未病です。病気になるサインを身体が発信しているのです。身体からのサインを見逃してしまうと病気となり辛い症状で悩まされてしまいます。東洋医学では、身体と心は一体化していると考えています。身体が疲れると心も疲れてきます。身体が楽になると心も楽になります。身体と心が疲れている時に熱くなく痕のつかない40度程度のお灸を全身に据えることで身体の疲れが取れれば心も穏やかになります。気持ちの良い温度のお灸で心が穏やかになれば身体の疲れも取れます。身体と心の両方を同時に治療できる気持ちの良い温度の治療です。東洋医学は、症状のある所だけを治療するのではなく身体全体を治療するtことにより全身の気血の流れを整えていきます。丁寧に艾を1壮ずつ捻って据えていきます。安心安全丁寧を第一に考えてオーダーメイドの治療をさせて頂きます。

治療費

初診料

2,000円

初回時の病態把握のための徒手検査やカルテ作成料などを含みます。
20分程度のお時間をいただきます。

初めての方にプレゼント

初めてご来院される方に
・せんねん灸      10個
・火を使わないお灸 太陽2個
・火を使わないお灸 世界1個
プレゼントしています。

はり灸治療(標準治療)

6,000円(60分程度)

鍼やお灸を使って治療をしていきます。
局所の痛みや症状の改善だけでなく、全身のケアを目的としています 。 

はり灸治療(学生:25歳迄)

5,000円(60分程度)

美容鍼灸

8,000円(70分程度)

鍼やお灸を使って美容治療をします。。
当院独自の方法でお顔にとても気持ちの良いお灸をします。
お顔だけでなく全身に鍼とお灸治療をすることによって全身の美容効果があります。

回数券

5,000円 券×5回 20,000円( 5,000 円お得)
6,000円 券×5回 25,000円( 5,000 円お得)
8,000円 券×5回 35,000円( 5,000 円お得)

初診時に購入の方は、初診料を0円にします。
回数券は、購入日から3ヶ月間有効です。

ご予約・お問い合わせ

  • オンライン予約は、24時間受付しております。
  • メールでのお問い合わせは下記のバナーからご連絡をください。
  • こちらは、仮予約となります。日程を確認でき次第こちらから予約確定のメールを送らせて頂きます。
  • 必須事項をご記入の上〔送信〕をクリックしてください。
  • お返事を確実に受診して頂くために@gmail.comからのメール受信を頂ける様にご設定をお願い致します。
  • お返事に多少のお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。

アクセス方法

  • 明大前駅(140m) 徒歩 2分
  • 住所 〒156-0043 東京都世田谷区松原2-39-19グリーンハウス101
  • 電話 03-6876-9177

京王線明大前駅から当院への道順を写真での紹介です