産前のマタニティブルー(ホルモンの影響)


 おはようございます。世田谷区の京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 産前、妊娠中のマタニティブルーは妊娠初期と出産を控えた妊娠後期に特に生じやすいです。妊娠初期では、妊娠が分かった時、つわりが始まった時に胎盤が形成されるホルモンの変化によってマタニティブルーになりやすいです。
https://meidaimaehari.com/maternity-blue/