自律神経失調症の身体の症状


 おはようございます。
京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
昨日のコラムの続きです。自律神経失調症になると多様な異常が見られるようになります。体に出る異常としては慢性的な疲労・頭痛・めまい・耳鳴り・呼吸困難・せき・嘔吐・肩こり・食欲不振・腹痛・月経痛・月経不順・手足のしびれ・動悸・むくみ・ほてり・頻尿・便秘・下痢などがあります。