子宮内膜症や子宮筋腫などの異常による生理痛(器質性月経困難症)


 おはようございます。世田谷区の京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 最近、子宮筋腫は比較的若い人にも見られます。また子宮内膜症は年々増加傾向にあり20代前半からよく見られるようになった病気です。このような病気は、月経困難症の原因となります。これを器質性月経困難症といいます。生理痛がどちらによるものなのかは婦人科の診察で診断することができます。
https://meidaimaehari.com/menstrual-cramps-dysmenorrhea/