骨粗しょう症


 

 おはようございます。
京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。

 加齢によりカルシウムが流出して骨密度が減り骨折しやすくなる病気です。腰椎が圧迫骨折を起こすと腰や背中が痛くなります。骨粗しょう症は、中年以降の女性に多いのが特徴です。原因の1つとして骨がカルシウムを吸着するときに必要なエストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が閉経とともに急激に減少することです。


前の記事

腰部脊柱管狭窄症

次の記事

脊椎分離症・脊椎すべり症