小児神経症を東洋医学で考えると


 おはようございます。世田谷区の京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある。明大前はり灸院の院長の榊原です。
 東洋医学において小児神経症は「」の気が高まった状態といわれ、これらの治療には鍼や灸が効果的です。


前の記事

小児神経症とは、

次の記事

小児神経症の症状