生理前になるとイライラしやすくなったり、食欲が増して甘いものが無性に食べたくなったり、とても眠くなったりすることはありませんか?もしかして、あなたのその生理前の症状は、月経前症候群(PMS)かもしれません。月経前症候群(PMS)はお薬やセルフケアによって和らげることができますが、西洋医学と東洋医学(漢方)では考え方もアプローチの仕方も異なります。それぞれ上手く取り入れていくと、月経前症候群(PMS)の時期を過ごしやすくなるはずです。そこで、今回は、月経前症候群(PMS)の考え方における西洋医学と漢方の違いと対処法について、お話ししていきます。

月経前症候群(PMS)の主な症状に、あなたの生理前の症状がいくつ当てはまりますか?

身体的症状

  • 乳房のハリや痛み
  • 顔や手足のむくみ
  • 眠気
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢
  • 頭痛
  • 吐き気
  • ニキビ
  • 食欲増進など

精神神経症状

  • イライラ
  • 集中力がなくなる
  • 憂鬱になる
  • 興奮する
  • 不安が高まる
  • 無気力になる
  • 1人でいたくなる
  • 仕事の能率が低下するなど

月経前症候群(PMS)とは?

 生理前になるとチェック項目のような、さまざまな症状に悩んでいませんか?このような生理前に見られる症状のことを月経前症候群(PMS)と呼びます。症状は、生理の3日から10日位前に現れることが多く、排卵後から2週間続く人もいれば、生理前の2,3日だけという人もいます。症状に個人差が多いことや、多くの場合生理が始まると症状が軽快していくことが特徴です。多くの女性が何らかの症状を感じているといいます。月経前症候群(PMS)は、まだ世間的に認知度が低いのでひとりで悩んでいる方も多いようです。

月経前症候群(PMS)原因は?(西洋医学編)

 原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。月経周期における女性ホルモンの変動が影響し、各々の不調をもたらすと考えられています。また、リラックスホルモンとも呼ばれるセロトニンの変化ビタミンB6不足などが関わっているという説もありますが、まだ全てが解明されているわけではありません。

月経前症候群(PMS)原因は?(東洋医学編)

 漢方ではカラダの構成成分である「気・血・水(き・けつ・すい)」の異常としてPMSを捉えます。人間は「気・血・水」という3つの構成要素からできており、すべての要素がバランスよくスムーズに流れている状態を健康と捉えます。

月経前症候群(PMS)では子宮における「血」の滞り

 ホルモンバランスの異常による「水」のバランスの乱れ、さらには「気」の異常も関係します。特にイライラしやすい人は、「」の流れを司っている五臓六腑の「」の乱れがあると考えます。「」は「」を貯蔵する働きもある部分であり、女性の生理にまつわるトラブルでは「」が重要な鍵を握っていることも多いです。

月経前症候群(PMS)の症状?

 精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。とくに精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害( PMDD)の場合もあります。

月経前不快気分障害(PMDD)とは?

 月経前症候群(PMS)の中でもとくに心の症状が重く、日常生活や社会生活に非常に大きな支障をきたすものは月経前不快気分障害(PMDD)とよばれます。これは月経前症候群(PMS)と異なる病気ではなく「月経前症候群(PMS)の重症タイプ」と考えられています。精神医学の診断上は「うつ病関連疾患の特殊なもの」ととらえられており、おもに精神科や心療内科で治療されます。

月経前症候群(PMS)も月経前不快気分障害(PMDD)の共通点

 基本的には「月経が始まるとラクになる」病気です。もしも月経前が特につらいが月経後も症状がなくならない状態が毎月続くなら、うつ病や不安障害などの心の病気が潜んでいる可能性も考えなければなりません。

月経前症候群(PMS)の症状を強くする要因

 ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなります。 特に、働く女性は、残業続きで無理が重なったりすると、集中力が低下して仕事のミスが増えたり、攻撃的になったり、生活上のトラブルが起きることもあります。

こんな人は特に注意が必要です

環境と強いストレス
就職・転職・結婚・離婚・転居・一人暮らしや姑との同居を始めたなど環境の変化が起きた時や、常に緊張している状態の時は症状が重くなります。


性格
普段から几帳面、クヨクヨ悩んでしまう、細かいことを気にしやすい性格、つらくても我慢してしまう人は、症状を強く感じる傾向が見られます。


食生活
バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足が原因で症状が強くなります。お酒、タバコ、甘いものなどの嗜好品を摂る人も症状が出やすくなります。

月経前症候群(PMS)の診断方法

 上記症状が月経前に毎月現れ月経開始後には和らぐことが特徴的です。出現症状を記録し、月経周期との関連を確認します。また、症状が似ているPMDDやうつ病など精神神経疾患でないことを確認します。
 日本では月経のある女性の約70~80%が月経前に何らかの症状があります。生活に困難を感じるほど強い月経前症候群(PMS)を示す女性の割合は5.4%程度と言われています。思春期の女性では月経前症候群(PMS)がより多いとの報告もあります。

月経前症候群(PMS)のセルフケア

気海:生理痛の緩和や生理不順・便秘・下痢の改善など
関元:生理痛の緩和や生理不順・腰痛・冷え性の改善など
中極:生理痛の緩和や生理不順・膀胱のトラブルの改善など
血海:血流を整える。生理痛の緩和や生理不順の改善など
足三里:血流を整える。生理痛の緩和・胃腸のトラブル改善など
三陰交:生理胃痛の緩和・婦人科系のトラブル・冷え性改善など
照海:生理痛の緩和・生理不順・冷え性の改善など
合谷:生理痛・頭痛・歯痛・肩こりなどの緩和

月経前症候群(PMS)のセルフケア

 症状日記をつけ病状を理解し把握することで、対処しやすくなります。PMSの症状と付き合うために、自分のリズムを知って気分転換リラックスする時間を作る。自分が心地良いと思えるようなセルフケアを探してみることをお勧めします。

月経前症候群(PMS)の治療法

 カルシウムマグネシウムを積極的に摂取し、カフェインアルコール喫煙は控えたほうがよいと言われています。症状が重い場合には、仕事の負担を減らすことが治療になる場合もあります。

参考HP

倉敷平成病院 婦人科医長 太田郁子先生

そのお悩み我慢しないで当院にご相談してください

 初めまして!明大前はり灸院 院長の榊原です。数ある鍼灸院の中から当院のHPを選んで頂きありがとうございます。私は、鍼灸の国家資格を習得してから鍼灸学校の教員資格を習得しております。難しい東洋医学を分かりやすく患者様の症状ごとに説明しております。当院は、部分的な治療ではなく根本的に改善することを目指しておりますので身体全身の治療をしております。私の治療体験から刺激の強い治療をすると症状が悪化した経験から患者様の身体に負担をかけ過ぎない優しい治療を目指しています。当院に来られる方は、病院での検査で異常が見つからないのに辛い症状を感じている方が多く通っておられます。私は、患者様の治療後の笑顔を見るのを喜びとしております。

経歴

  • 多摩美術大学卒業
  • 工務店に勤務
  • 日本鍼灸理療専門学校 鍼灸科卒業
  • 東京医療専門学校 教員養成科卒業
  • 明大前はり灸院開業

お客様の声

明大前はり灸院の口コミ・感想をもっと見る

お灸(身体を温める)

お灸についてのイメージをお聞きすると皆様あまり良いイメージを持っておりません。真っ先に思い浮かぶのは「お灸を据える」という慣用句です。「悪いことをしたから懲らしめる」と思い浮かべます。皮膚上でのお灸の温度は米粒大の大きさのお灸ですと皮膚温度が80度になります。80度の温度になれば熱くて火傷もします。このことからお灸は、身体的な苦痛を伴う熱さをイメージされます。治療のため熱くて身体に火傷の痕が残るような治療は、当院ではしておりません。心地良い温度で眠ってしまうほどの気持ち良いにもかかわらず辛い症状が解消されるお灸をしております。

 当院のお灸、紫雲膏灸(しうんこうきゅう)です。40度程度の温かいお灸です。紫雲膏を気の流れ道である経絡に適量に載せていきます。その上に1つ1つ丁寧に手で捻った艾をすえていきます。最適な効果を出すためにお身体の状態や症状に合わせて治療をします。東洋医学では、気血の流れが悪くなることで病気になると考えられています。気血は、酸素や栄養を身体の隅々まで運びます。身体の不要な老廃物は、気血を通して体外へ排出されます。冷え、疲れやストレスなど様々な要因で気血が滞ると必要な栄養が運ばれなくなり老廃物が体外へ排出できなくなります。自律神経・ホルモンバランスを整えるに最適な温度である40度程度のお灸は、気血の流れを調整します。

 東洋医学では、未病(みびょう)という考え方があります。未病とは病気なる前の状態です。仕事や家庭のことで忙しく毎日過ごされているとついつい自分の身体を無理して疲労や不調を蓄積してしまいます。このような状態が未病です。病気になるサインを身体が発信しているのです。身体からのサインを見逃してしまうと病気となり辛い症状で悩まされてしまいます。東洋医学では、身体と心は一体化していると考えています。身体が疲れると心も疲れてきます。身体が楽になると心も楽になります。身体と心が疲れている時に熱くなく痕のつかない40度程度のお灸を全身に据えることで身体の疲れが取れれば心も穏やかになります。気持ちの良い温度のお灸で心が穏やかになれば身体の疲れも取れます。身体と心の両方を同時に治療できる気持ちの良い温度の治療です。東洋医学は、症状のある所だけを治療するのではなく身体全体を治療するtことにより全身の気血の流れを整えていきます。丁寧に艾を1壮ずつ捻って据えていきます。安心安全丁寧を第一に考えてオーダーメイドの治療をさせて頂きます。

治療費

初診料

2,000円

初回時の病態把握のための徒手検査やカルテ作成料などを含みます。
20分程度のお時間をいただきます。

初めての方にプレゼント

初めてご来院される方に
・せんねん灸      10個
・火を使わないお灸 太陽2個
・火を使わないお灸 世界1個
プレゼントしています。

はり灸治療(局所治療)

3,000円(30分程度)

鍼やお灸を使って治療をしていきます。
局所の痛みや症状の改善を目的としています 。 

はり灸治療(全身治療) 人気ナンバー1

6,000円(60分程度)

鍼やお灸を使って治療をしていきます。
局所の痛みや症状の改善だけでなく、全身のケアを目的としています 。 

はり灸治療(学生:25歳迄)

5,000円(60分程度)

美容鍼灸

5,000円(30分程度)

鍼やお灸を使って美容治療をします。
当院独自の方法でお顔にとても気持ちの良いお灸をします。
お顔だけでなく全身に鍼とお灸治療をすることによって全身の美容効果があります。

回数券

局所治療  3,000円 券×5回 13,000円( 2,000 円お得)
美容・学割 5,000円 券×5回 20,000円( 5,000 円お得)
全身治療  6,000円 券×5回 25,000円( 5,000 円お得)

初診時に購入の方は、初診料を0円にします。
回数券は、3ヶ月間有効です。

ご予約・お問い合わせ

  • オンライン予約は、24時間受付しております。
  • メールでのお問い合わせは下記のバナーからご連絡をください。
  • こちらは、仮予約となります。日程を確認でき次第こちらから予約確定のメールを送らせて頂きます。
  • 必須事項をご記入の上〔送信〕をクリックしてください。
  • お返事を確実に受診して頂くために@gmail.comからのメール受信を頂ける様にご設定をお願い致します。
  • お返事に多少のお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。

アクセス方法

  • 明大前駅(140m) 徒歩 2分
  • 住所 〒156-0043 東京都世田谷区松原2-39-19グリーンハウス101
  • 電話 03-6876-9177

京王線明大前駅から当院への道順を写真での紹介です