タバコ、アルコール、コーヒー


 おはようございます。世田谷区の京王線と井の頭線の乗換駅にある明大前駅から徒歩2分にある明大前はり灸院の榊原です。
 タバコやアルコールは一時的に不安を軽減する効果がありますが、長く続けていると耐性や依存を起こしやすく不安障害には良くありません。とりわけタバコは百害あって一利なしと考えてください。アルコールは抗不安薬として処方されるベンゾジアゼピン系誘導体と併用すると副作用が増強し危険です。飲む場合は併用を避けて十分時間間隔を空けて控えめにするようにしてください。コーヒーは過剰摂取で不安を増強させることがあるのでやはり控えめにしましょう。